1. DKシステム > 
  2. エラーの対処法

DKシステムのエラーの対処法

エラーの対処法 一覧へもどる。

アップデートの時に出る「COMDLG32.OCX」のコンポーネントエラー

このエラーは、
Windwsのバージョンアップ(Windows7・Windows8 から Windows10)にバージョンアップしたPCで起こる事が多く確認されています。

原因は、
Windows7・Windows8 から Windows10にバージョンアップした際、
最新のWindows10には、必要ないファイルとして削除や無効にされてしまったからと考えられます。

この「COMDLG32.OCX」のコンポーネントエラーを出なくしバージョンアップ出来る方法をお知らせします。

−−−手順−−−

Windows10の一番左下のスタートのアイコンを右クリックして、

「ファイル名を指定して実行(R)」をクリックします。



下の窓が開きます。



名前(O)のところに、

regsvr32 /u c:\windows\sysWOW64\COMDLG32.ocx

と入力して下さい。もしくは、上記をコピー貼り付けしてください。



入力後、「OK」をクリックして下さい。

下記、メッセージが出れば完了です。バージョンアップを再度行ってみてください。



上記のメッセージが出ずに、「フォルダやファイルが存在しない」というエラーが出た場合は、

regsvr32 /u c:\windows\system32\COMDLG32.ocx

と入力して下さい。もしくは、上記をコピー貼り付けして「OK」をクリックしてみてください。



それでもエラーが出るようなら、
その指定した場所に「ファイルが存在しない」ということになりますので、
その旨をお書きの上、左のお問い合わせ(メール)からご連絡ください。

エラーの対処法 一覧へもどる。