1. Home > 
  2. 会員の方へ > 
  3. DKシステム > 
  4. 新しいPCへのインストール情報

DKシステム(レセプト対応電子カルテ)

DKシステム 新しいPCへのインストール情報

新しいPCへのインストールについて

DKシステムの新しいPCへのインストールの方法について

    旧PCでDKシステムを起動して、
    レセプトデータの一覧を表示させて、その一覧表の中で
    「申請年月」「氏名」「生年月日」「保険の種類」「施術内容」と
    ありますが、この中の「施術内容」をみてください。
    空白の患者がいないでしょうか?
    まずその「施術内容」が空白の患者さんを「削除」してください。

    これは、以前に新規レセプトを作成し、必要項目に入力せず、
    強制終了したために出来てしまったデータの残骸です。
    (これだけは、今後絶対しないようにお願いします。)

    また、TOPメニューから、「同意医師の登録」「保険者登録」を各々開いて、
    項目に空白があれば、無いように正確に入力するか、 仮の文字・数字を入力してください。
    もしくは、空白のあるデータを削除してください。

    空白のデータが無ければ、新しいPCへのインストールに進んでください。


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    DKシステムの新しいパソコンへのインストールの手順。

    「施術内容」が空白の患者さんを「削除」したあと、
    データのバックアップをとってください。
    データのバックアップがとってあれば、どんな形でも復旧は可能です。
    バックアップは削除しないようにしてください。
    バックアップの仕方は、マニュアルのP52〜P54を読んでください。
    マニュアルが無ければ、TOPメニューの左上部のヘルプ→ヘルプで ご確認ください。
    「GDATA」という1個のフォルダと
    「dk.DAT」「CL2moji2000.mdb」「CLmoji2000.mdb」「Keiraku2000.mdb」
    「保険申請2000_1.mdb」「保険申請2000_2.mdb」
    「予約2000.mdb」「保険者2000.mdb」「臨床DK2000N.mdb」
    「カルテ2データ2000.mdb」「料金設定2000.mdb」「同意医師2000.mdb」
    12個のファイルです。

    バックアップが終了したら、バックアップした1個のフォルダと12個のファイルを
    メモリースティックへコピー貼り付けをしてください。

    その後、新しいパソコンを起動して、

    最新のDKシステムVer6.31をダウンロードしてください。

    http://db.hariq.net/dk631all.EXE
         ↑
    ここをクリックするとダウンロードできます。

    ダウンロードの際に「保存」をクリックし、
    ダウンロード先(ディスクトップがいいです。)を指定してください。
    注意:「実行」はクリックしないようにしてください。

    Windows7・8・8.1・10で「警告」等でダウンロードの仕方がわからない場合はここをクリックしてください。

    ダウンロード終了後、ダウンロードした場所(ディスクトップ)へ移動し、
    ダウンロードをしたファイルをダブルクリックし実行します。
    自己解凍が同じ場所(ディスクトップ)に始まります。
    同じ場所(フォルダ)に「vista_7_8_10」というフォルダが現れます。
    この中の「DKシステム.msi」というファイルを実行してください。

    注:VISTA・7・8・8.1・10の場合は、
    「DKシステム.msi」というファイルを右クリックし、新規インストールしてください。



    −−−−−−−注:
    最近、Windowsのバージョンアップ(更新プログラム)により、インストール出来ないという報告がきています。
    インストール途中に
    エラー内容 : 「エラー 2709 オフライン参加完了情報が見つかりませんでした。」
    という表示が出た場合の改善プログラムを作成いたしました。、

    「vista_7_8_10」のフォルダの中の、「err2709_631.exe」を右クリックし、
    必ず、「管理者として実行」をクリックしてください。

    これで、エラーが出ずに、DKシステムをインストールで出来ます。

    −−−−−−−−


    そして、 バックアップしてあるフォルダ内の
    「GDATA」という1個のフォルダと
    「dk.DAT」「CL2moji2000.mdb」「CLmoji2000.mdb」「Keiraku2000.mdb」
    「保険申請2000_1.mdb」「保険申請2000_2.mdb」
    「予約2000.mdb」「保険者2000.mdb」「臨床DK2000N.mdb」
    「カルテ2データ2000.mdb」「同意医師2000.mdb」
    の11個のファイルをコピーし、

    上記のファイルを
    「マイコンピュータ」→「Cドライブ」→「DKシステム」に移動し、
    そのDKシステムのフォルダの中に「貼り付け」をしてください。

    その後、
    DKシステムを起動して、プロダクトIDを入力してください。

    そして、
    「TOPメニュー」→「データ及びLANムフォルダの指定」を確認してください。
    「C:¥Program Files¥DKシステム¥臨床DK2000N.mdb」
    となっているはずです。
    それを
    「C:¥DKシステム¥臨床DK2000N.mdb」
    に変えて、下まですべて、
    「C:¥DKシステム¥xxxx.mdb」  (xxxxxは各データ名です。)
    に書き換えてください。

    終了したらDKシステムを再起動し、「初期設定」を確認してください。


    DKシステムを起動して、
    「電子カルテ」や「レセプトデータ」をクリックしてエラーが出るようでしたら、
    ここをクリックして内容にあったエラーの対処法を選択して下さい。




    サポートファイル
    VB6SP6R.exe

    電子カルテ(DKシステム)に関するお問い合わせ:メール