1. Home > 
  2. 会員の方へ > 
  3. DKシステム > 
  4. Windows VISTAについて

DKシステム(レセプト対応電子カルテ)

DKシステム インストール情報

Windows VISTA・7について

Windows VISTA・7のインストールの方法について

    VISTA・7の場合、セキュリティ強化がされたため、
    今までの普通のインストールとは異なります。
    よく読みながら、順次行ってください。

    Windows VISTA・7の場合は、下記を行ってください。

    サポートCDをCDトレイにセットして、
    「マイコンピュータ」→「DVD/CDドライブ」を右クリックして「開く」をクリックしてください。

    <サポートCDがみあたらない場合、
      ランタイムデータは、
    http://db.hariq.net/XP_VISTA_2000_LD.EXE
    ダウンロードし実行して解凍してください。>

    「XP_VISTA_2000_ランタイムデータ」のフォルダの中に
    「XP_VISTA_2000_ランタイムデータ版」というファイルがあります。
    その「XPランタイムデータ版」を右クリックして、
    「管理者の権限で実行する」をクリックしてください。

    上記の様に「成功しました。」が表示されましたら、「OK」をクリックしてください。

    そしてさらに、
    その中に、
    VB5DB.DLL
    VB6JP.DLL
    FocusTalkExt.DLL
    という3つのファイルがあります。
    その3つを選択(反転)して右クリックしてコピーしてください。

    そして、一度HDDのどこか(ディスクトップ等)に貼り付けてください。

    貼り付けたら、改めてその3つのファイルを選択(反転)して
    右クリックしてコピーしてください。

    その後、
    「マイコンピュータ」→「Cドライブ」→「Windows」→「system32」のフォルダへ
    移動して、すべて上書き貼り付けしてください。

    そして、
    最新のDKシステムVer5.xxのCDをCDトレイにセットして、
    セットアップメニューが出たら「終了」をクリックして閉じてください。

    「マイコンピュータ」→「DVD/CDドライブ」を右クリックして「開く」をクリックしてください。

    この中の「setup.exe」というファイルを右クリックして、
    「管理者の権限で実行する」をクリックしてください。

    その後、
    最初に出た、
    「セットアップメニュー」が出ます。
    ここで、
    「7/VISTA/XP用 新規インストール」を
    クリックしてください。

    電子カルテ(DKシステム)に関するお問い合わせ:メール